お墓掃除のお手伝いをしてきました。

生前整理アドバイザー 清水雅美です。

この頃、お墓について考えている方が多くなってきました。墓じまい、納骨堂、散骨、樹木葬、手元供養、いろんな言葉が雑誌にも載るようになってきました。

金沢の野田山墓地は前田家の墓所があり、史跡にもなっています。

ここで、先日お墓掃除のお手伝いをしてきました。

墓じまいの問題は、この頃とても問題になっていますが

お墓をとても大事に考えて大切にしている方もたくさんいらっしゃいます。  掃除をご依頼されたかたも、大切にしている方だと思います。

そのお墓の横には、いくつもの崩れて、草に埋まった墓石がありました。

確認をしたくてもできない・・・

お墓のことも、自分でしっかり考えていく そんな時代になりました。

 

 

私、カラスに尾行されました!

先日、生ゴミをコンポストに捨てにいこうと歩いていたら、後ろから何やらパサパサという音が…

振り向くとからすが止まってた。歩くと飛び、振り向くと止まる。

目撃者もおり、

カラスに尾行されとったなぁ、カラスが上手、と笑われた。

このコンポスト蓋をあけられるものたから、義母が対策したもの。

それでも開けられて

カラスの勝ちがつづいている。

からすさん、

この間巣を撤去したのは、私ではありませんよ。

北電さんに聞いてみてください!

らっきょうを漬けました。

お味噌の次はらっきょう漬けです。

今年はちょっと頑張って保存食のレパートリーを増やしたいとおもっています。

根と茎のついたらっきょうを買いました。

お得だったので買ったのですが、去年は洗いらっきょうだったから、楽チンだったなぁ、と

根と茎を切り、流水でもみ洗いしました。

これが、結構手間でした。

あとは、さっと湯がいて、殺菌した瓶にいれ、らっきょう酢を注ぐだけ!

たかのつめをいれて出来上がり。

簡単でした。

1週間ほどで食べられます。

カレーを作ろうと思います。

さて、次はショウガにしようかな!

スリム美人の生活習慣真似したら、痩せられるんだって!

すごいことに気が付いた。

1か月に500グラム痩せれば1年で6キロ痩せることになる!

風呂上がりにアイスクリームを食べながら考えることではないが・・・

そう、そこなのだ!

生活習慣の見直ししなければなりません!

先日スタジオSeriさんで借りてきた

わたなべぽんさんの「スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました」  漫画で描かれています。

自分がいつもやっていることと、スリム美人のしていることの違いを知る

スリムな美人のしていることを真似して痩せたのです。

 

私も、これ目指します。

 

しかし、1か月に500グラム太れば1年で6キロ太ることになる!

逆もまた真なり!おーこわ!

大好きな

風呂上がりのアイスはやめます!

 

我が家の台所のグリーンは今、豆苗と金時草!食用です。

ちょっと忙しくてて、久しぶりにゆっくり見たら、あらまぁ、ぼうぼうに伸びてた豆苗❗

一度切って食べたあとだからお得ですよね。

もう一回楽しめそう。

金時草の葉を酢の物にしたあとの茎の部分は水につけて根がでてきたら土に移して育てます。

このまま水につけてても育っていきます。

ゆでで酢につけるととってもきれいな赤紫になるのが楽しい🎵

天ぷらにするのも好きです。

みつばやせり、パセリ

も我が家の台所のグリーンになります。

見て、育てて楽しんで、料理の彩りにになる素敵な野菜たちが大好きです。

モーニングSeri に参加しました。

第三日曜の朝のお楽しみは

モーニングSeri

今日は 「女性起業家成功の秘訣」高さんのお話です。

多くの頼まれごとを引き受けこなされてきたのですが、できない理由を探すとできない。できることを数えることが大事と、言い訳を考えてばかりいる私の心に刺さるお話しでした。

そんな高さんと一緒にブログを学んでいます。ワクワクしています。

モーニングSeriお世話ありがとうございます。

 

「好きなこと」だけして生きていく。心屋仁之助 著を読んだ。頑張るのをやめてみたいと思う。

またまた、宿題はぎりぎりの提出!

心屋仁之助著 「好きなこと」だけして生きていくを読みました。

「好きなことができていいね~」といわれることがあります。

確かに好きなことはしていると思います。が、好きなことをするために好きでないことや、しなければならないことを頑張ってしています。

だから、いつも時間がないと感じているし、時々とても疲れます。

「お母さん頑張りすぎ、見ていて疲れる。」と指摘もされました。だから、好きなことをしているのかどうかわからなくなってしまいます。

これはいけないと、薄々感じてはいたのです。

 

頑張って生きても得るものはない

第1章からガーン・・・

頑張らなければ好きなことができない、と思っている限り、報われない

え?私のこと?

最初は頑張らないことを頑張ってもいい

まずはここから?

「すみません。やってもらえますか?」と声をかけてみる。

そうか・・・

なんだか少し肩の力が抜けたような気がします。大好きなぼーっとする時間過ごそうかと思います。

建築現場の職人さんの腰袋の中にはいろんなものが入ってて、コックピット持ち歩きのようです。

3階建ての建物の改装現場では、いろんな職種の職人さんに出会います。

その職人さんたちの腰袋がとても格好良く面白かったのでで、写真を撮らせてもらいました。

若い女の子が声をかけるときっと照れたりするのでしょうが、そこは、おばさん力発揮!

建築現場の職人さんたちは一見近寄りがたいような気がしてたのですが、声をかけるととても親切で、優しい!

パート①クロス屋さん

クロスやさんのは量が多くて重そうですが、

なかなかハンサムな二人です。

腰に付けていればすぐに取り出せて作業もはかどります。タイミングよく道具が取り出せるので息の合った仕事ができます。

ブログに書くことも快く承諾してくれました。

仕事の合間の息抜き、楽しませてもらいました。

次はあの方です。

 

 

のとキリシマツツジ、芦田家のオープンガーデンを見せていただきました。

奥能登の公共施設の改修工事現場でお掃除を手伝っています。

 

昨日の帰り道、ふと横を向いたらに真っ赤に咲くツツジを見つけ、寄り道をしてもらいました。

夕方で小雨が上がった後でしたが、何とも鮮やかな赤でした。

 

 

のとキリシマツツジです。

個人のお宅がオープンガーデンしてくださっています。

私が見せていただいたのは、芦田家のオープンガーデンです。

4月下旬から公開していて何度も通っているのにようやく気づきました。

 

いかにぼーっと乗っているか・・私

 

樹齢百年以上の古木が地域に500本以上ある所は能登以外には、ないそうです。

NPO法人能登キリシマツツジの郷

 

芦田家のオープンガーデンは

珠洲道路を珠洲方面に走り、道の駅桜峠を超え、

中斉の看板を超えたら右手、田んぼをはさんで真っ赤な花が見えます。

なんと

そのすぐ左隣に、山本家の水芭蕉が

これは、来年の楽しみかな。

奥能登には、みどころがいっぱい。

 

 

名古屋に行ってきました。氷見から荒山峠を越えてきたら、磯部神社の藤がそろそろ見ごろでした。

5月12日藤で有名な磯部神社の藤の花です。

まだ満開ではありませんが、今年は見事な花を見せてくれそうです。

すぐ近くに見事な白い藤も

 

山道を車で走ると野生の藤が紫の花を咲かせているのをあちこちで見かけます。

こんなに藤の木があったんだとびっくりするほど、いろんな木を伝って上へ横へと伸びています。

 

芽吹いて、その場にあった木を伝ってそれぞれに伸び伸びと花を咲かせる姿に

したたかさを感じると同時に

渡辺和子さんの著書 「おかれた場所で咲きなさい」を思い出したりします。

 

藤棚の藤はそれは見事で見栄えがします。

野生の藤はほんとに自由で力強いと思います。