恩送り。助けてもらったこと、気にかけていただいたこと忘れていません。だから…

こんなことあったよ

たくさんの人のなかで生きている。

必要な物を必要なときに、さりげなくくれる人

めげているときに

寄り添ってくれたり、言葉をかけてくれたり、笑い飛ばしてくれる人

お金を渡してくれる人

話を聞いてくれる人

 

 

子育て中に、お金もなく、心もたよりなく、時間もなく

ただ、ただ、忙しい毎日を送っていたとき

 

一緒に合唱に参加して知り合った二人の先輩

知り合って少ししかたってないのに、

ひとりからは、さりげなく美味しいもの、必要な物ををいただき、

ひとりからは学ぶことを教えられた。

 

「お返しは要らないからね。」

「いつでもいい、他の誰かにしてあげて」

「私は、してもらったことを今、あなたにしているだけだから」

といわれた。

 

鶴の恩返しの昔話は、

ちょっと切ない。身をけずって恩を返すわけだから…

そんな返しかたはしなくていい

自分が出来るようになったときに、必要な人に返せばいい。

 

恩送り

自分の周り周りで助けたい人を見つけた時

あのときの恩を返すつもりで助ける

 

ざわざわと心が落ち着かず、先が見えず混沌としている今

 

助けてもらっていいよね

恩を返すことができるよね

 

 

それがきっと素敵な世の中をつくると思うから

 

タイトルとURLをコピーしました