<生前整理>奥能登に住む、もうすぐ90才の女性が素敵すぎでした。

掃除

生前整理アドバイザー認定指導員、おせっかいなお掃除やさんの清水です。

奥能登に工務店さんの依頼で、二人で2日お掃除に行ってきたときのことです。

どこをお掃除したか

住んでいるかたのお話しを聞いて、掃除掃除して欲しいところを全部ということなので

一緒に家の中をみて歩きました。

「私、もうすぐ90才ですの。一人で住んでるからあと1.2年で施設にはいらなくちゃいけないのよ」

と、何度もいいながら、お掃除の箇所を確認していきます。由緒ある立派なお宅です。

まずは窓掃除 木枠の年代物ですが、ここはサッシにできない地域なのだそうです。

手がとどかないところのクモの巣などなど。

二階の窓から見える海

二階から掃除を始めました。海の見える窓にむかってソファーが置いてあります。

真っ白で海がなんとなくしか見えません。

10時の休憩にとバリスタで☕をいれてきてくださり、「まぁ、きれいになって、ここに座って夕陽をみるのが好きなの見てく?」

少女のように微笑みます。

一日目の帰り、能登ワインをいただきました。

「私ワインが好きてすの」

2日目色々なことを話してくれました。

伊集院静氏の”独りで生きる”を読んでいました。

死後の手続きの本を三冊そろえていました。

「私、施設に入るのいやなの。ここにいたいわ」

エンディングノートをかいていました。

お葬式の代金は娘さんにあずけてあること

喪主は息子さんに決めていること

柩の中に

亡くなった旦那様からのたくさんのラブレターをいれて欲しいこと

輪島塗の棗など価値のあるものは、帰省のつど持ち帰ってもらっていること

私が生前整理アドバイザーをしていることを話すと

話が弾みます。

「知り合いになれてうれしいわ。こんな話できる人いないもの。」

お掃除の箇所は、どんどん増えて、

お部屋がきれいになるにつれ、元気になって行く姿に

私たちも嬉しくなってきます。

掃除をしながら彼女から学んだこと

 

★お願いごとを上手にすること

★ありがとうをたくさんいうこと。

★笑顔が素敵なこと

★素敵な思い出をいっぱいもっていること

★ありがとうを物やお金に変えて渡せること(お金を持っていること)

★田舎にいても情報に敏感なこと

などなど…

 

生前整理の大切さを

改めて気づかされた2日間でした。

生前整理アドバイザーとして何ができるのか?

たくさんの宿題をもらったような気がしています。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました